損害保険・損保について

損保とは→損害保険

損害保険の種類は、火災保険、自動車保険、自賠責保険、傷害保険、賠償責任保険、海上保険等に大別され、きわめて多くの保険商品が販売されています。

風水害などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であり、保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が定められる。

大きく分けて、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野とがある。 日本では、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもと個人から法人まで多くの者を契約対象に販売されているものが殆どであるが、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険もある。

損害保険契約は、当事者の一方(保険者)が偶然な一定の事故によって生ずることあるべき損害を填補することを約し、相手方(保険契約者)がこれに対して報酬を与えることを約することによって効力を生ずる契約である(商法第629条)。

一方、保険業法上は、平成8年の改正により、損害保険業として、一定の偶然な事故によって生ずることのある損害をてん補することを約し保険料を収受する行為(保証証券業務を含む)のほか、人の身体の傷害・疾病に関して「一定の金額の支払または生ずることのある損害のてん補を約し保険料を収受する行為、および海外旅行期間中の人の生死に関して一定の金額の支払を約し保険料を収受する行為が規定されました(保険業法第3条)。


ノンマリン分野

* 火災保険
o 地震保険(単独加入は不可。必ず住宅火災保険などと併せて加入する。)
o 住宅火災保険
o 住宅総合保険
o 普通火災保険
o 店舗総合保険
o 団地保険
* 自動車保険
o 自動車損害賠償責任保険(俗称・強制保険)
o 任意自動車保険
* 傷害保険
o 海外旅行傷害保険
o 普通傷害保険
o 家族傷害保険
o ファミリー交通傷害保険
o 国内旅行傷害保険
o 海外旅行傷害保険
o ゴルファー保険
* 所得補償保険
* 医療費用保険
* 介護費用保険
* 賠償責任保険

マリン分野

* 海上保険
o 船舶保険
o 運送保険
o 貨物保険
posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 15:26 | 損害保険・損保

原油流出事故、BPに64億円請求 米政府


▼博多弁 by http://monjiro.net/
米南部ルイジアナ(Louisiana)州沖んメキシコ湾(Gulf of Mexico)で爆発・豚骨スープ没したばい英エネルギー大手BPん石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン(Deepwater Horizon)」ん破損部がとへ、流出ば食い止めるためんキャップば降ろしゅ作業(2010年6月3日撮影)。(c)AFP/BP
関連写真1/1ページ全5枚

スライドショーば見る
【6月4日 AFP】米南部ルイジアナ(Louisiana)州沖んメキシコ湾(Gulf of Mexico)で英エネルギー大手BPん石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン(Deepwater Horizon)」の爆発・豚骨スープ没したばい事故で、米政府はBPに対し、原油除去作業やらなんやらでこれまでに政府の負担したばい費用っちしてから6900万ドル(約64億円)ば請求したばい。ロバート・ギブス(Robert Gibbs)大統領報道官の3日明らかにしたばい。

 支払期限は7月1日で、米政府は今後も定期的にかかった費用ばBPに定期的に請求してからくるっちしとる。

 BPは3日までに、海底ん油井ん上部がら破損したばい送油管ば巨大なカッターば使っち切除しゅるこつに成功。油井がら噴出しゅる原油ばためてサイフォンでくみ上げるため切除部がとにキャップばしゅる作業へっち移ったとよ。

 BPではこれまで流出原油ば効果的に止めるこつのできんしゃいおらん。トニー・ハワード(Tony Hayward)最高経営責任者(CEO)は事故後、英紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)に、同社では事故に対しゅる備えのなかったこつば認めたとよ。

■原油ん拡大域、3日で3倍に

 米政府は送油管切除前ん状態で流出しよった原油量ば1日当たり1万2000〜1万9000ガロンっち推計してからおり、事故以降、計2200万〜3600万ガロンん原油のメキシコ湾に流出したばい計算っちなるとよ。これは1989年にアラスカ沖で1100万ガロンば流出したばい石油タンカー「エクソン・バルディーズ(Exxon Valdez)」号ん座礁事故ば上回り、米史上最悪ん被害規模っちなっちいるとよ。

 マイアミ大学(University of Miami)ん調査にちゃるっち、油膜は現在メキシコ湾沿岸2万4435キロ平方メートルに広のっちおり、5月1日に衛星で確認しゃれた範囲ん3倍に達したばい。米政府は同湾ん3がとん1ば封鎖しとる。漁業禁止区域は同湾ん米国領海ん37%に相当しゅる22万9219平方キロに拡大したばい。

■オバマ大統領にも批判

 バラク・オバマ(Barack Obama)大統領は4日、事故後3度目ん視察で現地ば訪問しゅるとよ。

 メディアや世論がらな、今回ん事故に対してから大統領の十がとに怒りば表しとらんやらなんやらん批判や、米史上最悪ん原油流出事故のオバマ政権にっちっち政治的トラウマになるちゃろうっちん観測の出とるの、大統領はCNNんインタビューに対し、「怒ったり人ば怒鳴りつけたりしゅるんに時間の割ければよかの、うちはそんために大統領に就任したばいけんはなか。うちん仕事はこん問題ば解決しゅるこつだ」っち述べ、「こん状況全体に激怒しとる」っち付け加えたとよ。(
posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 15:45 | 損害保険・損保

ダイヤモンドをちりばめた「イヌの首輪」は約1億1300万円

犬の首輪が1億円!って思っちゃいますが、その首輪がこの写真画像。犬のリッチーくんだそうですが、値段なんてわかってないんだろうなぁ。ロンドンの高級百貨店ハロッズで公開された約1億1300万円のイヌの首輪。中央部に2.23カラット、その周りに2カラットのダイヤモンドが埋め込まれていて、合計14.46カラットのダイヤモンドとゴールドでできた骨のアクセサリーで飾られています。金でできた骨かぁ。ジュエリー・デザイナーのスティーブン・ウェブスターがデザインしたんだって。
posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 15:41 | 損害保険・損保

カリフォルニアの山火事ほぼ鎮火、セレブ住民も帰宅

カリフォルニア州マリブで発生した山火事で、消火活動にあたる消防局のヘリコプターの写真画像が出ていますが、やっぱり放火だったのかな。ほぼ鎮火したので、避難していたセレブやハリウッドスターなども自宅に帰ったみたいですが、放火は困るよね〜。
posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 16:35 | 損害保険・損保

米スタジオ大手5社、中国サイトなどを著作権侵害で提訴

記事にある関連写真 2枚は、北京の地下鉄駅構内で販売される最新の海賊版映画を選ぶ女性の写真画像なんですが、米国の映画スタジオ大手5社が、中国のウェブサイトおよびインターネットカフェを相手取り、制作した映画が不正ダウンロードされているとして訴訟を起こしたようです。
 原告団を見てみると、20世紀フォックス(20th Century Fox)、ウォルト・ディズニー(Walt Disney)、パラマウント・ピクチャーズ(Paramount Pictures)、コロンビア・ピクチャーズ(Columbia Pictures)、ユニバーサル・スタジオ(Universal Studios)の5社ですから、そうそうたるメンバーですよね。『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、『X-Men 2』、『ナイト ミュージアム』など、計13作品を不正にダウンロードさせたそうで、約4680万円の支払いを要求したみたいです。
 中国政府の著作権侵害取締は甘いし、海賊版が堂々と売られているのですから、実力行使も必要ってことでしょうね。
posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 15:33 | 損害保険・損保

香港有数の企業家の巨額遺産相続をめぐり、風水師と遺族が裁判へ

風水ブームってしばらく続いていますが、私も一つ二つは知っていたりします。
黄色の財布が金運を高めるんですよね?
部屋の机の位置とかも風水にしたがっています。
でも風水って特別なことではなく、理にかなったことらしいですね。

今年4月に亡くなった香港有数の不動産開発会社「チャイナチェム」会長のキョウ如心(英語名ニナ・ワン、Nina Wang)さんの巨額の遺産の相続をめぐる裁判が19日、香港で始まったそうなんですが、この裁判では風水師が遺産を単独で相続することを主張しています。

 裁判では、風水師のChan Chun-chuen氏と、キョウさんの遺族が運営するチャイナチェム慈善財団(Chinachem Charitable Foundation)の双方の弁護士が出廷した。裁判は、和解による解決が失敗に終わったことを受け行われたもので、Chan氏の弁護士は、遺産の管理人を任命するよう求めた。

 また、Chan氏の弁護士は、遺書に名前が記載されていないことを理由に、キョウさんの義理の父親であるWang Din-shin氏の裁判への不参加を求めた。

 風水師と実業家の顔をもつChan氏は、カナダで薬学を学び、数10億ドルの資産と高級住宅を所有していると言われているが、詳しいことは知られていない。

 キョウさんの遺族側の弁護士は裁判所に対し、キョウさんの家族は遺産の管理人の任命について反対はしない意向を示しているが、正式な回答までに2週間の猶予を求めている。

 裁判は、当事者全員が遺産の管理人で合意できるように、1月10日まで休廷された。

 Chan氏の弁護士は裁判になる前から、2006年に書かれた遺書にもとづき、420億ドル(約4兆6000億円)ともいわれる遺産をChan氏が単独で相続することを主張している。

 これに対し、キョウさんの遺族側は、遺産の大半を慈善事業に使うと書かれているとされる2002年の遺書が、最終的かつ有効なものだと主張する文書を4月に出している。今回の裁判でも、弁護士は法廷以外ではコメントを発表していない。

 キョウさんは今年4月がんで亡くなった。享年69歳。子どもはいなかった。(c)AFP


関連写真画像 2枚・香港(Hong Kong)の裁判所に出廷した、不動産開発会社「チャイナチェム(Chinachem)」会長のキョウ如心(英語名ニナ・ワン、Nina Wang)さん(2005年6月24日撮影)の写真画像。


posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 16:56 | 損害保険・損保

サイクロン「シドル」による死者は5000人から1万人!!

関連写真画像 7枚・2007年11月18日、バングラデシュ南部のバルグナ(Barguna)で、合同葬儀の準備が進む中、親類の遺体に付き添う女性。(c)AFP/ANIS/FOCUS BANGLA

【11月19日 AFP】バングラデシュ南部を15日に直撃したサイクロン「シドル(Sidr)」による死者が最高で1万人に上る恐れがある。当局者が18日、明らかにした。壊滅的な被害を受けた地域ではいまだに十分な救援活動が開始されておらず、家を失った数百万人の住民が、飢えに直面している。

 孤立した沿岸部の村などでは、現在も救援物資が届かない状態が続いており、このままでは生き延びられないと生存者らは危機感を募らせている。

 バングラデシュの赤新月社(Red Crescent Society)の代表は、これまでに3000人の遺体が収容されたとし、死者数は「5000人に達する恐れがあるが、1万人を超えることはないだろう」と述べた。

 また、倒木などにより道が寸断されている上に、被害が甚大なため救援活動は難航しており、当局者は、沿岸の島々の漁村を含む遠隔地でさらに犠牲者の数が増えることが見込まれると強調している。

 また、赤十字社(Red Cross)のShafiquzzaman Rabbani氏は、「90万世帯が被害を受けたと推定される」と述べた。この数値から、被害はおよそ700万人に及んでいるとみられる。

 同国では今も多くの人々が竹やブリキで作られた家に住んでおり、犠牲者の大半は高波や、飛んできたがれきや倒木で家が倒壊した影響で命を落としている。(c)AFP/Shafiq Alam

posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 15:36 | 損害保険・損保

サイクロン「Sidr」

関連写真画像 6枚・2007年11月15日、米航空宇宙局(NASA)が公開したサイクロン「Sidr」の衛星写真。(c)AFP/NASA

【11月16日 AFP】(一部更新)15日、非常に強いサイクロン「Sidr」の直撃を受けたバングラデシュ南部では、家が倒壊し、樹木がなぎ倒されるなどの被害が出ており、これまでに少なくとも26人が死亡、数千人が避難している。地元当局が16日発表した。

 警察によると、死者の多くは家屋の上に樹木が倒れ、下敷きになった。今後、死者が増える可能性が高いという。

 Sidrの中心は15日、インドとの国境に近い南西部の沿岸地域に上陸した。同国気象庁によると、同地域は大嵐に見舞われ、風速62-67メートルの強風が吹き荒れた。また、衛星画像にはベンガル湾(Bay of Bengal)北方に巨大な雲の渦が映し出されている。

 気象庁は、Sidrの規模について、高潮などで推計13万8000人の死者を出した1991年のサイクロンに匹敵する近年最悪の嵐だとしている。

 一方、今回は住民らを特別避難所に退避させており、死者が大勢出ることはないと楽観的な見方を示している。(c)AFP/Salim Mia

posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 14:00 | 損害保険・損保

黒海の重油流出で環境への影響も

関連写真画像 10枚・2007年11月12日、ロシアとウクライナの間にあるケルチ海峡(Kerch Strait)で座礁した貨物船のテレビ映像。(c)AFP/NTV

【11月12日 AFP】(11月13日写真追加)黒海周辺で暴風雨のため燃料タンカーなど船舶5隻が難破した事故で、ロシアの非常事態省・南部連邦管区によると、救命着を付けた3人の遺体がウクライナのトゥズラ(Tuzla)島で見つかった。インタファクス(Interfax)通信が12日、報じた。依然5人が行方不明となっている。

 風力は弱まったものの、ウクライナの非常事態省は引き続き警戒を呼びかけている。

 11日にアゾフ海(Azov Sea)で損壊した燃料タンカー「Volgoneft-139」から重油1300トンが流出している。船内にはさらに3000トンの重油が残っているという。アゾフ海と黒海を結ぶケルチ海峡(Kerch Strait)では硫黄を積んだ3隻の船も沈没した。

 ケルチ海峡は、この季節には南下する渡り鳥の通り道となっているほか、黒海イルカの生息地でもあり、環境への影響が懸念されている。

 環境団体の代表は「非常に重大な環境危機」だとし「重油汚染は長期間にわたる回収活動が必要で、今後1年あるいはそれ以上影響が残るだろう」と語った。

 難破した船舶の乗組員36人が救助された。モスクワ(Moscow)の南1200キロにある商業港カフカス(Kavkaz)では船舶40隻が避難した。現場から約300キロ西では強風により貨物船1隻が沈没したほか、複数の船舶が座礁したと報じられている。(c)AFP/Dario Thuburn

posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 14:05 | 損害保険・損保

ビックリ!コロンビアで大量のひょう

ひょうで車が埋まるなんて。。。
ビックリ!

関連写真画像 10枚・2007年11月3日、大量のひょうを伴う嵐に見舞われたコロンビアの首都ボゴタ(Bogota)で、埋もれたタクシーを掘り出す救助隊員。(c)AFP/Mauricio DUENAS

【11月5日 AFP】(5日 写真追加)南米コロンビアの首都ボゴタ(Bogota)で3日、大量のひょうを伴う嵐が発生した。同地では極めてまれな気象現象だ。(c)AFP


posted by 損保・損害保険についてお勉強 at 17:04 | 損害保険・損保